三国志人物辞典
そんりょう 子明 しめい
呉郡ごぐん 富春県ふしゅんけん] (243 ~ 260) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 孫亮 を調べる

孫 亮(そん りょう)は、三国時代の呉の第2代皇帝。廃立後は会稽王・侯官侯。初代皇帝孫権(大帝)の子(第7男)。第3代皇帝孫休の異母弟。生母は潘氏。皇后は全尚の娘。『三国志』「三嗣主伝」に伝がある。 生涯 幼帝として即位 赤烏4年(241年)に長兄の皇太子孫登が死去すると、赤烏5年(242年)に三兄の孫和が皇太子となった(『三国志』呉志「呉主伝」)。 孫権の娘である孫魯班は、孫和の生母である王氏と不仲であったため、孫和の廃立を目論み、孫権に王氏と孫和のことを讒言する一方で、四兄の孫覇を後継者にするよう運動した。こうして呉の群臣らが孫和派と孫覇派に分かれて闘争する二宮事件が勃発した。 赤烏6年(243年)、孫亮はこうした混乱の中で生を受けた。孫権の孫亮に対する寵愛は非常に強く、孫魯班はこの孫権の心の変化を察知し、保身のために夫の縁戚である全尚の娘を孫亮と親しくさせ、将来の妻の座に据えようと図ったという。

孫亮が登場する文献

5-84,6-158,6-162,6-166,6-176,6-184~185,6-297~300,6-302,7-153,7-334,7-343,7-348,7-368,7-374,8-22,8-113~116,8-124,8-127,8-138~144,8-173~174.

孫亮の一族

祖父:孫堅 文台
父:孫権 仲謀