三国志人物辞典
そん 子孝 しこう
呉郡ごぐん 富春県ふしゅんけん] (224 ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 孫和 を調べる

孫 和(そん か、224年 - 253年)は、中国三国時代の呉の皇族。初代皇帝孫権の三男で、2代皇帝孫亮、3代皇帝孫休の異母兄に当たる。字は子孝。母は王夫人(大懿皇后)。妻は張承の娘・何姫(何植の姉)・女(孫謙の母)。子は4代皇帝孫皓・孫徳・孫謙・孫俊。娘は公主は陸景の妻。『三国志』呉志「呉主五子伝」に記録がある。 若き日 幼少の頃から母の王氏とともに孫権の寵愛を受け、14歳のときには孫和のために直属の官僚と兵士が設けられたという。教育係として中書令の闞沢が付けられ、書物や稽古(『呉書』によると、騎馬や弓矢といった武芸)に励んだ。学問を好み才能のある人物と鄭重に接し名声を得た。 太子である異母兄の孫登とも親しく、孫登が241年に死去する直前は、遺言書をしたためて孫和を後継者に立てることを願ったという。翌242年、19歳のとき、孫権の後継者に指名されて太子となった。太子の教育係として闞沢・薛綜が付けられ、友人役として蔡潁・張純・封甫・厳維といった人物が付けられた。

孫和が登場する文献

6-150,6-158,6-160~161,6-166,6-194~195,6-200,6-202,6-204,6-296,6-298~299,6-301~302,6-360,6-371,6-375,7-27,7-40,7-258,7-260,7-291,7-307,7-322~323,7-326,7-329,7-340,7-343~344,8-41,8-170,8-173~174.

孫和の一族

祖父:孫堅 文台
父:孫権 仲謀