三国志人物辞典
ちゅう 徳信 とくしん
巴郡はぐん ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 馬忠 (蜀漢) を調べる

馬 忠(ば ちゅう、? - 249年)は、中国後漢末期から三国時代の武将。蜀漢に仕えた。字は徳信。子は馬修。弟は馬恢。益州巴西郡閬中県の出身。『三国志』蜀志に伝がある。 生涯 かつて母方の家で養われ、姓は狐、名は篤であった。後に馬忠と改めた。郡吏を務め、建安年間の末に孝廉で推挙され、漢昌県長となった。劉備が夷陵の戦いで敗れた際、巴西太守閻芝が諸県の兵五千人を徴発して馬忠に率いさせ、援軍として派遣した。劉備は永安で馬忠に会い、劉巴に「黄権を失ったが、狐篤を得た」と言った。 建興元年(223年)、諸葛亮は丞相府を開幕した時、馬忠を門下督とした。建興3年(225年)、諸葛亮が南中に至ると、馬忠を牂牁太守とした。朱褒の反乱を鎮圧した後、馬忠は威厳と慈しみをもって民の慰撫に勤めた。建興8年(230年)、召されて丞相参軍となり、蔣琬の副長吏となって留府の事務にあたった。このとき益州の治中従事を兼任した。建興9年(231年)、諸葛亮の祁山出征にあたり、馬忠は諸葛亮の下で軍事に携わった。祁山から戻ると張嶷らを率い、汶山郡で反乱した羌族を討った。

馬忠が登場する文献

5-80,5-393,5-397,5-399~400,5-442.

馬忠の一族

No Data