三国志人物辞典
しゅく
本貫不詳 ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 魯淑 を調べる

魯 淑(ろ しゅく、217年か218年 - 274年)は、中国三国時代の呉の武将。魯粛の子。魯睦の父。 成人すると張承から、何時しか自分と同じ職に就くだろうと評価された。 永安年間(258年 - 264年)に昭武将軍・都亭侯・武昌督となる。建衡年間(269年 - 271年)に仮節を授かり、夏口督に転任した。任地ではどこでも厳正な統治を行い、事を処理していく能力があった。 273年(鳳凰2年)、薛瑩と共に10万と号する兵を率いて西晋に出兵したが、弋陽の戦いで王渾に撃退された。翌年(鳳凰3年)死去した。 小説『三国志演義』には登場しない。 参考文献 陳寿『三国志』「魯粛伝」 脚注 ==。

魯淑が登場する文献

7-86.

魯淑の一族

No Data