三国志人物辞典
めいとう
本貫不詳 ] (? ~ ?) 
テキストコピー用

ウィキペディア ウィキペディアで 迷当 を調べる

迷当(めいとう、生没年不詳)は、中国三国時代 (中国) 三国時代における羌族の首領。男性。小説『三国志演義』では「迷当大王」と呼ばれ、羌族の王とされる。<br/>歴史書『三国志 (歴史書) 三國志』での記録はほとんど無い。「郭淮伝」によると、魏 (三国) 魏の正始 (魏) 正始元年(240年)、蜀 蜀漢の姜維による魏への北伐に呼応して反乱を起こすが、郭淮に鎮圧された。<br/>蜀漢の延熙 (蜀) 延熙16年(253年)、姜維の北伐の際に、約5万の軍勢を率いて蜀漢の援軍として参戦する。しかし、魏の武将陳泰の偽りの降伏を受け入れ、羌軍は壊滅し、迷当大王自身も郭淮に捕らえられ、魏 (三国) 魏に降伏する。<br/>迷当大王は郭淮の指示をうけ、魏兵を紛れ込ませた羌軍を率いて蜀の陣に帰還し、迷当大王の降伏を知らない姜維はこれを受け入れた。これを利用した魏軍は蜀漢の陣を奇襲し、これに壊滅的な打撃を与え、迷当大王はこの奇襲の中で魏軍に殺された。<br/>

迷当が登場する文献

4-182.

迷当の一族

No Data